スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長文書いた後で間違えて全部消してしまった時の喪失感は異常

リンクの色と引用文の色が被ってたので引用文の色をピンクにしました。

>絶対に使わないような言葉をトリガーにする
ここkwsk


他サイトのページに似たような話をハケーンしたので引用
集中力を取り戻す方法として、茂木さんの提案は、「あえて短い時間で、ひとつでもいいから仕事をすること」です。短い時間のなかで繰り返して、集中の「スイッチ」を入れると、脳内の集中するための回路が鍛えられるという原理だそうです。

茂木さんは忙しいスケジュールをこなす中で、重要なのは何かを考えるのではなく、具体的な行動を伴った作業を行うことを実践されています。「一秒後に集中」と、収録の合間やタクシーに乗車中のわずかな時間に、論文をチェックしたり、原稿を書いたりするそうですよ。


この応用(?)で『リダンツ』のように自分の『離脱呪文』を決めとくわけですよ。
で、それを気合を入れて離脱に挑戦する時だけ唱えるわけですよ。
習慣付けて上手くいけば、唱えるだけで脳が離脱に適した状態になる、と。
パブロフの犬なんかがわかりやすい例だと思います。

絶対に使わない言葉にする理由は、「その言葉自体には意味はない」と、脳に認識させないため。
日常的に出てくる言葉は自然にそれ自体の意味も薄れてきますしね。
例えば、『サラヤ・ムジャヒディン・アンバル』を『興奮』と結びつけた時にイラク人に人質に取られたら興奮してる場合じゃないですしね。
ですから、キーワードは長くて意味のないものが良いそうです。


ちなみに、その後に書いていた『形式的にすることで暗示を掛けやすくする方法みたいなの』は、儀式的に行うことでその行為の確信性を高める効果があるってやつだったと思います。

以上の話はあくまで意見の一つであり、絶対ではありません。念のため。
読みにくかったり、意味がわからない部分があれば、紛れもなく俺の文章力に多大なる原因があるのでご指摘頂ければ幸いです。

それにしてもハケーンは古いな
0100-0550
眠気:低中
モチベ:中

失念
―――夢―――
失念
見たことは確か
―――渡辺―――
0550起床
その後10分ほど時間を飛ばされ寝坊
――――――

おいどうした、俺!
お前は名倉でバーバラやヒナとキャッキャウフフしたいんじゃなかったのか!
厨二的戦闘したいんじゃなかったのか!
もっと熱くなれよ!バカになれよ!顔洗えよ!歯磨けよ!


さて、離脱してくるか。
スポンサーサイト

comment

Secret

長文の書き直しは確かに乙w

習得に多少の時間はかかりそうだがモチベ上げにはかなり期待できそうだな

軽く追記を

俺の場合は離脱日のスイッチを寝る前の夜食で切り替えてます。
具体的に言えば、「緑茶+甘菓子」を摂取した日はなかなか良いとこまでイケます
もしあっさり寝落ちたら、自分の出来る限りの他の理由を付けると良いと思います。
例えば「緑茶ならこのスランプも乗り越えられる」と思って失敗したら「そういえば昨日は二発抜いてたな、あれのせいか」と、まあこんな感じで
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。